おしえて、センパイ!劇作家・演出家・小説家/本谷有希子センパイ

東京女子プロジェクト(女子プロ)のメンバーが、憧れの「センパイ」に、女子の幸せについて聞きに行く! という当コーナー。第8回は、人間の、女の内面の真実を描き続ける、劇作家/演出家であり小説家でもある本谷有希子センパイ! あんなにぐろぐろとした大変な作品を作り続けている方なのに、キュルンとキュート&サッパリした佇まいのセンパイに、ドキドキの女子プロ一同なのでした...。

1 2  3

私にしか書けないものがあるかもしれない、私にしか書けないから書くっていうのがモチベーションです。

女子プロ 本谷さん、毎回ゲストには献上品をお持ちすることになっているんですが、本谷さんがお好きな食べ物が分からなかったので、おすすめのマシュマロをお持ちしました。甘いものは、ダメですか?
本谷 いえ、今、台本を書いていて、頭を使ってるので、甘いものは嬉しいです。有り難うございます。
フレンチ式マシュマロ、ギモーブを献上。原稿執筆のお役に立ったでしょうか...。

フレンチ式マシュマロ、ギモーブを献上。原稿執筆のお役に立ったでしょうか...。

女子プロ お好きな食べ物って何ですか。
本谷 食べ物は、舞台の差し入れで、たくさん頂くんですが...、その時々に美味しいと感じるものが違いますね。身体が欲しがってるものが、美味しいですね。
女子プロ すごくスレンダーですけど、もしかして太りにくい体質ですか。
本谷 そうですね。
女子プロ う、羨ましい...。
本谷 いやでも、意外と大変なんですよ。『セブン』っていう、無理矢理モノを食べさせられる映画がありますけど、あんな感じなんですよ、辛いですよー。
女子プロ そういえば本谷さんの作品って、登場人物が不健康な食生活をしていますね。マックとか焼きそばとか食べてたり。
本谷 私自身は、なるべく健康になろうとしてますねえ。
女子プロ 自分の投影ではないんですね。
本谷 そうですね。

1『いい芝居を作る』ためなら、手段は選びません

女子プロ 本谷さんて、演出家という仕事柄、年上の人に指示を出さなければいけない場面が多いと思うんですが...。難しいですよね、どうこなされているのかな、と思ったんですが。
本谷 こなせてませんね(笑)。『こうかな−』とか『あれー? 間違えたー』とか言って、愛嬌で誤摩化してます。
私が演出家として他の人と違うのは、分からないことを分からないって言えるところかな、と思うんです。男の偉い演出家と違って、面子もプライドも限りなく無いので、素直に教えてもらって、さらけ出す方向にしてます。それが一番早い方法だと思って。目的が『いい芝居を作る』ってことだから、そのためだったら、一番いい手段を使おうと思って。
女子プロ 役者さんの方から、こうやったらどうか、っていう提案があったりしますか。
本谷 役者さんからは無いですね。分からなかったら『じゃあやってみて』ってやってもらって、何十回もやらせた挙げ句、『違うな~』ってやめさせたり。
女子プロ 若いからって、周りから、なめられちゃったりすることは、ないんですか。
本谷 演劇をやってる人は、演劇が好きだからやってるんであって。私がどれだけ真剣に演劇が好きか分かってもらえれば、態度が変わってきますね。誠実に稽古して、いかに信頼を勝ち取るかっていう...。若いとかは関係なく、一度認めてくれたら、やってくれますから。
女子プロ 女性の感性でモノを作っていると、現場では女優さんのほうが分かってくれたりするんですか。
「私の作品の登場人物、『こんな奴いねーよ』って感じですよね?」確かに、過剰に自意識過剰だったり、全裸になっちゃったり、ムチャなキャラが多数登場します。

「私の作品の登場人物、『こんな奴いねーよ』って感じですよね?」確かに、過剰に自意識過剰だったり、全裸になっちゃったり、ムチャなキャラが多数登場します。

本谷 いや、私の作品の登場人物って、分かってもらえないから、誰も分かってないから(笑)、結局『こんな奴いねーよ』って言いながらやる状態になるので、男女は関係ないですね。
女子プロ いやあ、ああいったキャラ、いそうな気もしますが(笑)。
本谷 ...っていうふうに、見えるように、役者がものすごく頑張ってるんです。演じる側からしたら、その人全部になりきって、無茶苦茶な行動をつなげて演じるのは、ものすごく難しいらしいです。
女子プロ 無茶苦茶な登場人物、多いですよね。
本谷 私の芝居は『あんなやついるわけないな』と思わせておいて、『少し分かったかもしれない、でも分かりたくなかった』っていうのが正しい見方だと思います。一瞬だけ分かる、っていう。
女子プロ 絶対にコミカルな視点も入りますよね、笑っちゃうような。
本谷 そうですね。私はくだらないものが好きなんですけど、笑いはそんなに得意じゃなくて。とろうと思ってとってる訳じゃなくて、真剣にやってる姿が滑稽で、勝手にみんな笑ってるんだと思います。だから皆、ヒドイですよ、一生懸命にやってるのを笑ってるんだから(笑)。
女子プロ すごくシリアスなものって、行き過ぎると、コメディになりますよね(笑)。
本谷 真面目にもコメディにも、両方とれるっていうのが、いいんですけどね。でも仕掛けとか分かっちゃうと、底が浅く見えるじゃないですか。どっちにもとれる、分からなさがいいな、って思って。...ってコレ、昨日考えついたことなんですけどね(笑)。

2『本谷~!! あんな役やらせやがって~!』

女子プロ 本谷さんの作るキャラは、濃い人格がいっぱい出て来ますが、どうやって生み出しているんですか。人間観察してるとか、ですか。
本谷 人間観察はほとんどしないですね。基本的には役者さんをみて、役者さんの感じから、こっちが勝手にこうやって欲しいと思って、キャラクターとして動かして動かして...作りながら考えていきますね。
女子プロ お芝居をやる時は、キャスティングを決めてから、脚本を書くんですか。
本谷 うちの場合はだいたいそうです。どの人が魅力的に見えるか、っていうところから始めて...。
女子プロ その方法は演劇の世界では、レアケースなのでは?
本谷 はい、完全にレアです。普通はこういう話の脚本があって、って舞台作りはすすめていくんですけど、ウチの場合は『本谷がいます』っていうところだけから始めるので(笑)。
女子プロ 本谷さんがいるだけ!(笑)。それで受けてくれる役者さんもすごいですね。
本谷 すごく貴重で嬉しいですね。熱心に『あなたがいいんです』って頼んだり、私の芝居を観に来てくれていて、分かってくれてたりする方がいらして...そうやって絆が出来ていく下地があって、出てもらう場合が多いですね。
岸田國士戯曲賞受賞作品、『幸せ最高ありがとうマジで!』DVD、118分音声特典付き¥5,000(発売:ヴィレッヂ)。イーオシバイドットコム<http://www.e-oshibai.com/>で購入可能。

岸田國士戯曲賞受賞作品、『幸せ最高ありがとうマジで!』DVD、118分音声特典付き¥5,000(発売:ヴィレッヂ)。イーオシバイドットコム<http://www.e-oshibai.com/>で購入可能。

女子プロ 舞台『幸せ最高ありがとうマジで!』の主演の永作博美さんも、アテ書きだったんですか。大変エキセントリックな女性キャラクターでしたが。
本谷 そうですね(笑)。怒られましたよ、全部終わった後で。女優さんなので、舞台が終わるまでは女優魂で演じてもらってたんですけど、終わったら『本谷~!! あんな役やらせやがって~!』って。上演前の雑誌の対談では、役について普通に話してたのに(笑)。
私としては、あの人がこういう役をやったら、魅力的に感じるんじゃないかな、というのをやっただけなんですけどね。
女子プロ いま書きたい女優さん、っていうのはいますか。
本谷 今はまさに、次の舞台の、小池栄子さんの台本を書いてます。モラルのない、ダーティな人が書きたくなって...。ご本人は良識的な方で、ブレがないので、どこまで揺さぶったら小池栄子が出て来るのか、って考えてます。
女子プロ 稽古場でのバトルがすごそうですね。
本谷 でも最近、こうすればいいんだ! っていうのが分かったんです。出演オファーをする時に、『ウチに出ると、本谷に、演技観とか価値観をボロボロにされますけど大丈夫ですか』って、先に確認するようにしたんです。壊しても大丈夫ですかって言っておけば、壊しても大丈夫なんで(笑)。
それが、正しいとか正しくないとかじゃなくて、ただ私の好みの演技をやってもらうことになります、だから終わったら戻してもらっていいですけど、というところから始まりますね。
女子プロ 『じゃあ、やりません』って言われたことってあるんですか。
本谷 直に言われたことはないですけど、それはたぶん、『別のスケジュールが入ってて...』とか言って、私が分からないように断られてるんだと思います(笑)。
女子プロ 『じゃあ、やりません』って言われたことってあるんですか。
本谷 直に言われたことはないですけど、それはたぶん、『別のスケジュールが入ってて...』とか言って、私が分からないように断られてるんだと思います(笑)。
女子プロ 期待してた演技が引き出せなかった方っているんですか。
本谷 最終的には、全員そうなります。思った通りになることはないので。
また、それとは別に演劇の本番って、『なぜこんなにも思い通りにいかないんだろう?』っていうことの連続で、万全に準備していても、常に想定外のことが入ってくるんです。雨だとか、エアコンが寒いとか、月曜日だとか、お客さんがなぜかオッサン多いとか(笑)、不確定要素が入り込んできて、思い通りにいかない。
それで何度も悔しい思いをして、最近分かったのが、『舞台は人の一生に似ている』と思って。どの役者さんが来るかに始まって、予め与えられた環境があって、何が起こるか分からなくて、失敗したり成功したり...まさに人生を凝縮させたようだなって。
じゃないと、相当なマゾじゃないと、演劇を作るのは、無理(笑)。
昔は芝居だけじゃなく、色んなことを自分の思い通りにいかせようとしてたんだけど、そうじゃないんだな、と思うようになりました。
女子プロ たまたま起こったハプニングを、楽しむことは出来ないですか?
本谷 まだそれは出来ないですね(笑)。いつか楽しめるようになってやる、とは思いますけど。
BackNumber
おしパイ#11 鈴木砂羽センパイ
おしパイ#11 鈴木砂羽センパイ
「誰かに挑戦してるんじゃない、自分に挑戦しているんです。」
おしパイ#10 中村うさぎセンパイ
おしパイ#10 中村うさぎセンパイ
「誰かを頼ったり、救ったりしながら生きてもいい。」
おしパイ#9 まつゆう*センパイ
おしパイ#9 まつゆう*センパイ
「私は自分のことアクティブ・ニートだと思っています。」
おしパイ#8 本谷有希子センパイ
おしパイ#8 本谷有希子センパイ
「私にしか書けないものがあるかもしれない、私にしか書けないから書くっていうのがモチベーションです。」
おしパイ#7 喪服ちゃんセンパイ
おしパイ#7 喪服ちゃんセンパイ
「一生、社長的なことしか出来ないと思います。」
会ってみたい"おしパイ"のみなさま
椎名林檎 様、西原理恵子 様、平野レミ 様、よしもとばなな 様、加護亜依 様、ソニアパーク 様、滝川クリステル 様、永作博美 様、安野モヨコ 様、藤田志穂 様、一条ゆかり 様、中川翔子 様、山本モナ 様、桃井かおり 様、永谷亜矢子 様、Perfume 様、梨花 様、UA 様、YUKI 様、原田郁子 様、千葉麗子 様、瀬戸内寂聴 様、広末涼子 様、リアディゾン 様、YOU 様、益田ミリ 様、宮沢りえ 様、津森千里 様、大竹しのぶ 様、宮崎あおい 様、山田詠美 様、友近 様、狐野芙実子 様、IKKO 様、安藤優子 様、チャットモンチー 様、清水ミチコ 様、大宮エリー 様、沢尻エリカ 様、梅佳代 様、黒柳徹子 様、神田うの 様、金原ひとみ 様、綿矢りさ 様、ギャル曽根 様、菅野よう子 様、瀧波ユカリ 様、いくえみ綾 様、野沢雅子 様、桃井はるこ 様、フグ田サザエ 様、初音ミク 様、浜田ブリトニー 様、アンジェリーナジョリー 様、マドンナ 様、レディーガガ 様、女子寿司職人の方(順不同です☆)
インタビュー受けてもいいよ!というセンパイからの奇跡のご連絡をお待ちしております。

やってる人

イベリコ

新月生まれの牡羊座。中目黒在住。美容関連のライターを経て、広告会社に転職。現在修行中。ニット帽を愛用していたらドングリと呼ばれ、転じて「イベリコ」と…

テツコ

二重人格のAB型。乙女座。デザイナー。眼鏡のせいで一見しっかり者に間違われるが、めんどうくさがりで優柔不断で要領が悪い。体が丈夫なのと酒に強いことが自…

ネコムス目

大きな目がキョロキョロ。神出鬼没の関西生まれの東京女子っす。妖怪のくせに、ラテンな性格。趣味はライブに行くこと。あぁ、毎日がフジロックだったらいい…

大塚幸代(ライター)

デイリーポータルZ」「地球のココロ」で連載中です。
個人サイト「日々の凧あげ通信

小峰千佳(編集)

ファミレスとタクシー、この2つがあれば私の東京の夜は安泰。最近はバーでの1人飲みを覚えてしまったせいかハードボイルド傾向。お仕事はアウトローから正統派までさまざま。

"おしパイ" 進捗情報はブログ「東京女子風呂」で

mixi コミュニティやってます。