おしえて、センパイ!タレント・女優/安めぐみセンパイ

東京女子プロジェクト(女子プロ)のメンバーが団体で、憧れの「センパイ」に、女子の幸せについて聞きに行く! という当コーナー。第6回は、タレント・女優として活躍中の、安めぐみセンパイ! 女子から見ても「きゅっと抱きしめたい!」と思ってしまう、やわらかそうなお身体と、おっとりとした優しいお声&眼差しに、女子プロチームはクラクラ...。初舞台、イオン化粧品PRESENTS 「Duet For One」を控えるセンパイに、インタビューです! 

1 2  3

ポワッとした立ち位置は、苦悩の末に生まれました

1自分の、ぼこぼこした身体が、嫌いでした

女子プロ 安さん、毎回ゲストには献上品をお持ちすることになっているんですが、安さんがフルーツがお好きだと聞いて、フルーツゼリーをお持ちしました!
ええー! 嬉しいです。すごい豪華ですね、全部食べたら太るかも(笑)。
「ハヤシフルーツ」のゼリーケーキですが、お一人に渡すナマモノとしては量が多かったでしょうか。スイマセン...。

「ハヤシフルーツ」のゼリーケーキですが、お一人に渡すナマモノとしては量が多かったでしょうか。スイマセン...。

女子プロ そ、そうですね、スタッフの皆さんと分けて召し上がってください...。
いえいえ、ありがとうございます。
女子プロ 安さんは、グラビアアイドルを経験されていますが、女子だとグラビアのことがよく分からないので、その辺を伺っていきたいんですけど、よろしいですか?
はい大丈夫です。全然、もう何でも聞いてください。
女子プロ グラビアを始めたキッカケって何だったんですか。
流れなんです。
女子プロ え、流れ?
15歳の高校生のころ、今の事務所じゃなくて、エキストラの会社にいたんです。有名になりたいとかっていう、野望もとくになく、バイト感覚で。テレビのお仕事に興味があったので、「テレビってどうやって作られているんだろう」って思って。エキストラなら現場に行けるじゃないですか。
女子プロ 社会科見学のような?
そうですね。でもやってるうちに楽しくなって、テレビの大変さも分かって、やりがいのある仕事だなあと思えてきたんです。そのうち仕事が増えてきて、グラビアの話が来て...。
女子プロ エキストラさんが、グラビアに抜擢されることって、普通はあるんですか?
どうなんでしょう? 
女子プロ んー、聞いたことないですから、それは安さんが特別に可愛かったからですよ!
いや、でも、最初はグラビアって嫌だったんですよ。
女子プロ 何が嫌でしたか。
水着になることが自体が嫌でした。15、6歳だったし。とくに、撮影で待ってる間に、バスローブを着させられるのが(笑)。15の私には、バスローブが嫌でしたね。
女子プロ 15歳でバスローブって、あんまり着ないですもんね。
正直、何年かは「ヤだなーヤだなー」と思ってたんですけど、やっていくうちに、ただの水着写真じゃなくて、これは作品なんだと理解出来たんです。グラビアって、自分でも見たことがない自分の表情を、引き出してもらえたりするじゃないですか。写真の中で自分を表現する世界だと分かって、そこから楽しくなりました。
女子プロ 「自分はグラビアでいける!」と思った瞬間って、なかったんですか?
全然。グラビアをプラスに考えられるようになってからは、ノリノリで撮影に挑めるようになりましたけど。自分でも自分のグラビアをいい写真だなって思えるようになったのは、3、4年くらい前からですね。
「15歳のころは、グラビアのお仕事がイヤでしたね〜(笑)」

「15歳のころは、グラビアのお仕事がイヤでしたね〜(笑)」

女子プロ 3、4年前って、かなり最近ですね。
ハタチより前のものは、自分自身が理解出来てないから...。
女子プロ やらされてる感があったんでしょうか。
...ありましたね(笑)。
女子プロ グラビアモデルさんって、野望を持っている女性がなるものだ、ってイメージしてしまうんですが、安さんは、そういう感じが全くないですね。 どうして、始めた時は嫌だったのに、グラビアを続けてしまったんですか?
説得されたんですよ。グラビアを変に考え過ぎじゃないか、と。そっかそっかと思いながら、やってました。
女子プロ でも気持ちが揺れたまま、やってたんですよね。
そうですね。あと撮影が楽しいと思い始めた時でも、着る水着で、これはちょっとっていう場合があったりしましたね。デザインの、微妙な違いなんですけど。
女子プロ なんとなく想像はつきます(笑)。
今はワイヤーのない小さな水着って、流行ってて可愛いですけど、当時はワイヤーが入っているのが主流だったので、ワイヤーなしを渡されると、抵抗がありました。10代だったし。
女子プロ 撮影日まで、何を着るかって分からないものなんですか。
写真集とか、作品として撮るものは事前にフィッティングがありますけど、そうじゃないものは、その場で渡されて着ますね。
女子プロ 安さんの似合いそうなものをざっと用意して、着る感じなんでしょうか。
そうですね。今は事務所の人と打ち合わせて決めますけど、昔は、選択肢がなかったですね。
女子プロ 「いや、これ着れません!」って断った水着ってありますか。
あります〜(笑)。
女子プロ あるんですね...。
「これは、ナイなー」という衣装を渡されて、ちょっと困り顔の、当時の安さん(※あくまでも女子プロのイメージ図です)。

「これは、ナイなー」という衣装を渡されて、ちょっと困り顔の、当時の安さん(※あくまでも女子プロのイメージ図です)。

コンプレックスがあるんです、私はおしりが、でっちりなんですよね。
女子プロ いや、すっごいキレイですよ、そこは安さんのチャームポイントですよ。今日はおしりがステキですね、って言おうと思ってたんです!
え、そうですか!? 女性に言われると嬉しいです。今は受け入れられるようになってきたんですけど、他の人が着たら隠れるものでも、私が着るとおしりがちょっと出過ぎちゃう、っていう水着はつらくて......って、こういう話をしてていいんですか?(笑)
女子プロ はい、是非(笑)
ポジティブにグラビアをとらえられるようになってから、自分の身体を知ろうという意識が芽生えて、こういうのがやりたいんです、こういうのは嫌です、って主張が出来るようになりました。
女子プロ キレイなおしりがコンプレックスだったとは。はたから見ると、分からないものですね。
とくに学生のころは、スラっとした女性に憧れてましたから。なんで私はこんな、ぼこぼこした身体なんだろうと思って...。
女子プロ ぼこぼこ!(笑)
ある程度、年齢を重ねてからは、「それがいいんだよ!」って言われて、そうか、と思えるようになりました。

2振り返るポーズが、キラーショット!

女子プロ かつて、安さんとグラビア撮影の仕事をした方に話をきいたんですけど、とてもほがらかでいい方で、お仕事がやりやすかったと、言ってました。
うわ、誰でしょう、それ(笑)
女子プロ 普通の撮影のほか、超巨匠に撮影される時って、どんな感じがしますか。緊張しますか?
写真家さんによりますね、何も喋らないでパシャパシャ撮る方もいるし、引き出そうとしてたくさん話してくる方もいますし。有名な方だからって、かまえてしまわないよう、意識しないように心がけてますね。
女子プロ 撮られる気持ち良さってありますか。
作品の中に......入り込んじゃうっていうのはありますよね。入り込むと、気持ちいいというよりは、達成感が得られますね。
女子プロ モノを作ってる感じでしょうか。
そうですね、みんなでモノを作ってる感じですね。今回はどういう写真になるかなって思いながら。
自分がいいって思う写真より、嫌だなっていう写真のほうが、他のスタッフはいいって言う場合がありますよね。意識して表情を作ってしまう時より、ふわって力が抜けた時のショットがいいとか。そういう発見がグラビアは楽しいですね。
女子プロ 女の人が好きな安さんの顔と、男の人が好きな安さんの顔も、違うでしょうね。男性の目を意識して表情を作ることってありますか。
スタッフがそういうふうに作り込んでいったらしますけど、普段は基本的に、意識しません。最近は女性もグラビアを見ますし、ただ美しい写真が出来ればいいなって思いながらやりますね。
...って、話してますけど、最近ぜんぜん、グラビアやってないんですよね(笑)。
女子プロ ちなみに、いちばん好きなポーズはありますか。
うーん、ポーズ...。振り返るショットが使われることは、多いですね。
安さんの美しいお尻が光る! 写真集『Over Three Days』撮影 谷口尋彦・斎藤誠・JFKK ソニーマガジンズ刊 ¥2940(税込)

安さんの美しいお尻が光る! 写真集『Over Three Days』撮影 谷口尋彦・斎藤誠・JFKK ソニーマガジンズ刊 ¥2940(税込)

女子プロ それはやっぱりおしりがキレイだからですよ! 他に、鏡の前で練習したポーズとか、あるんでしょうか。
ポーズを考えるというよりも、他の方の写真集をたくさん見て、参考にしましたね。井川遥さんのものとか。
女子プロ 逆に、これは出来ない、っていうポーズの指示って、ありましたか?
ありましたね(笑)。腑に落ちないままやってしまうと、いい表情も出来ないし、いい写真にならないので。でも「イヤです!」っていうと空気が悪くなってしまうので、言われたポーズに自分でちょっとアレンジを加えて誤摩化したりします(笑)。戦いというか、駆け引きみたいなところが、ありますね。
BackNumber
おしパイ#11 鈴木砂羽センパイ
おしパイ#11 鈴木砂羽センパイ
「誰かに挑戦してるんじゃない、自分に挑戦しているんです。」
おしパイ#10 中村うさぎセンパイ
おしパイ#10 中村うさぎセンパイ
「誰かを頼ったり、救ったりしながら生きてもいい。」
おしパイ#9 まつゆう*センパイ
おしパイ#9 まつゆう*センパイ
「私は自分のことアクティブ・ニートだと思っています。」
おしパイ#8 本谷有希子センパイ
おしパイ#8 本谷有希子センパイ
「私にしか書けないものがあるかもしれない、私にしか書けないから書くっていうのがモチベーションです。」
おしパイ#7 喪服ちゃんセンパイ
おしパイ#7 喪服ちゃんセンパイ
「一生、社長的なことしか出来ないと思います。」
会ってみたい"おしパイ"のみなさま
椎名林檎 様、西原理恵子 様、平野レミ 様、よしもとばなな 様、加護亜依 様、ソニアパーク 様、滝川クリステル 様、永作博美 様、安野モヨコ 様、藤田志穂 様、一条ゆかり 様、中川翔子 様、山本モナ 様、桃井かおり 様、永谷亜矢子 様、Perfume 様、梨花 様、UA 様、YUKI 様、原田郁子 様、千葉麗子 様、瀬戸内寂聴 様、広末涼子 様、リアディゾン 様、YOU 様、益田ミリ 様、宮沢りえ 様、津森千里 様、大竹しのぶ 様、宮崎あおい 様、山田詠美 様、友近 様、狐野芙実子 様、IKKO 様、安藤優子 様、チャットモンチー 様、清水ミチコ 様、大宮エリー 様、沢尻エリカ 様、梅佳代 様、黒柳徹子 様、神田うの 様、金原ひとみ 様、綿矢りさ 様、ギャル曽根 様、菅野よう子 様、瀧波ユカリ 様、いくえみ綾 様、野沢雅子 様、桃井はるこ 様、フグ田サザエ 様、初音ミク 様、浜田ブリトニー 様、アンジェリーナジョリー 様、マドンナ 様、レディーガガ 様、女子寿司職人の方(順不同です☆)
インタビュー受けてもいいよ!というセンパイからの奇跡のご連絡をお待ちしております。

やってる人

イベリコ

新月生まれの牡羊座。中目黒在住。美容関連のライターを経て、広告会社に転職。現在修行中。ニット帽を愛用していたらドングリと呼ばれ、転じて「イベリコ」と…

テツコ

二重人格のAB型。乙女座。デザイナー。眼鏡のせいで一見しっかり者に間違われるが、めんどうくさがりで優柔不断で要領が悪い。体が丈夫なのと酒に強いことが自…

ネコムス目

大きな目がキョロキョロ。神出鬼没の関西生まれの東京女子っす。妖怪のくせに、ラテンな性格。趣味はライブに行くこと。あぁ、毎日がフジロックだったらいい…

大塚幸代(ライター)

デイリーポータルZ」「地球のココロ」で連載中です。
個人サイト「日々の凧あげ通信

小峰千佳(編集)

ファミレスとタクシー、この2つがあれば私の東京の夜は安泰。最近はバーでの1人飲みを覚えてしまったせいかハードボイルド傾向。お仕事はアウトローから正統派までさまざま。

"おしパイ" 進捗情報はブログ「東京女子風呂」で

mixi コミュニティやってます。