おしえて、センパイ! 女子プロレスラー/さくらえみセンパイ

東京女子プロジェクト(女子プロ)のメンバーが、憧れの「センパイ」に、女子の幸せについて聞きに行く! という当コーナー。第12回は、女子プロレスラーのさくらえみセンパイ! 06年に女子プロレス団体『アイスリボン』を立ち上げ、若手レスラーを育成しながら自らも現役で戦うセンパイに、女子プロレスのこと、女子プロレスラーとしての女のありかた、戦闘女子ならではの体調管理・強いココロの保ち方等々を、うかがってきました!

1 2  3

情けない思いをするなという戦いも続けていけば、将来勝ったときの伏線になる。

女子プロ さくらさん、毎回ゲストには献上品をお持ちすることになっているんですが、さくらさんの得意技『シュークリーム』にちなんで、シュークリームを持ってまいりました!
さくら わあ、可愛いシュークリーム! 有り難うございます。実は記事のバックナンバーを拝見して、お土産を頂けることはわかっていたので(笑)、シュークリームかな? と予想していたんですよ。
え、本当に女子プロレスラーの方!? というくらい、物腰の柔らかなさくらさん。

え、本当に女子プロレスラーの方!? というくらい、物腰の柔らかなさくらさん。

女子プロ 見破られてしまいました(笑)。ところでなぜ、技の名前がシュークリームなんですか。
さくら 女性レスラーをかついで、もこもこっとするので、その感じがシュークリームっぽいかなあって(笑)。
...今日は、少し緊張してます。普段はプロレス関係の取材しか受けていないので。
女子プロ そもそもプロレスをはじめたキッカケって、何ですか。
さくら 単純なんですけど、高校二年生の時に、テレビで見て憧れたんです。
女子プロレスが爆発的にヒットして、東京ドームで試合をやっていた時期があったんですよ。バラエティ番組にも、レスラーの井上貴子さんとかが出ていて、雑誌も専門誌だけじゃなく、コンビニに女子プロレスのムック本が置いてある時代があって。
それに憧れて、もうやるしかないと思って、高校卒業の時に進路のひとつとして、プロレスに入門したんです。
千葉県出身なので、上京っていうほどの距離感じゃなかったんですが、スポ根マンガに影響を受けていたので、『私は修行の世界に入るんだ』『これから誰かの手で磨かれていくんだ』っていう妄想を持って、本当にカバンひとつで上京して、四畳半風呂なしアパートに住んで。そして18歳の時にデビューしたんです。
女子プロ そうすると、男社会のプロレス界に入ったというわけではなく、女子プロに憧れて女子プロの世界に入った、という感じなんですね。
さくら そうですね、女子プロに憧れて、ですね。
女子プロ もともと運動は得意だったんですか。
さくら バレーボールをやっていたくらいです。他のプロスポーツと違って、女子プロレスに関しては、スポーツをやってない子も入門に来たりしますね。

1体調がいいときも悪い時も、それなりに戦うしかない

女子プロ あのう、素朴な疑問なんですが、あんなに激しいスポーツですから、生理とかで体調が悪い時は、どうされてるのかな? と思ってしまうのですが。
さくら 気にする人はすると思いますけど、私は気にしないです。
基本的にはプロレスって、試合に負けても終わらないんです。負けたら引退とかいちいち無いので、ひとつの試合ごとにベストコンディションに持っていったりしなくて。年中開催される大会のスケジュールに、自分を合わせるしかないんです。体調がいいときも悪い時も、普通に過ごして、それなりにやるんです。
プロとしては不調は作ってはいけないといっても、地方に行けばお付き合いもあって、朝まで起きていることもありますし。それでも何があっても、試合をしなきゃいけないですから。
女子プロ 例えば風邪で咳が止まらない時とかは、どうするんですか。
さくら 声を出さなくていい試合をするとか...。体調が悪いからこそ、短時間で終わらせるために、奇襲を仕掛けたりとか。頭を使って、その中でやれることやります。
女子プロ 自分を客観的に見て、長い目で調整していく感じでしょうか。
さくら そうですね。あと自分の周囲の選手の体調もみて、フォローしていったり。Aさんが調子良くても、Bさんが調子悪いこともありますから。
たんたんとやるしかないですね。つまらない答えですいません。
女子プロ いえ、目からウロコのお言葉です...。
インタビューは西川口にある、アイスリボン道場で行われました。インタビュー中も、若手レスラーが懸命に練習する音が、響いていました。

インタビューは西川口にある、アイスリボン道場で行われました。インタビュー中も、若手レスラーが懸命に練習する音が、響いていました。

女子プロ あとあの、あんなに激しい競技で、衣装も肌の露出が多いので、胸がポロっと出てしまったりとか、ないのでしょうか。
さくら 無防備な新人選手が、新しい技をかけた時にアラッ、っていうのはあるんですけど(笑)。基本、補強が入ってますから、大丈夫です。
でもそういう、つい心配しちゃうような衣装のレスラーがいても、面白いかもしれないですね。
私たちはスポーツライクに考え過ぎるので、お客さんが注意をひいてくれそうな部分に、気づかなかったりするんです。そういうのはもったいないですね。
そういうポロリ的なものを嫌がるお客様もいますから、実際は難しいかもしれませんが...。

3その人の中にある要素を拡大して、キャラクターに

女子プロ アイスリボンの選手のキャラクターとか、キャッチフレーズとか、試合の組みとか、演出とか、エンタテインメント性の部分は、さくらさんが考えているんですか?
さくら キャラクターとか考えてはいますが、コントロールはしていない、というか出来ないんです。 まず、その子の中にないキャラクターには、こっちで設定してもなれないので、その人の中にある要素を100倍くらいにして、やっと人前に出しているような感じです。
最初は皆、やっぱりスターになりたいので、デビューする時は、こういうコスチュームを着てこういう名前で出たいって、考えるんです。でも実際は、プロレスはビジネスなので、売れるキャラを作っていかなくてはいけないんです。
うちに『星ハム子』っていう選手がいるんですが、彼女は最初その名前をなかなか受け入れることが出来なくて。
女子プロ ハム子って名前をつけたのは誰なんですか。
砂羽 私です(笑)。すごく抵抗してました。最初は、本人に考えてもらったんですけど、あんまりな名前だったんです、『育夢』とか(笑)。
彼女は子供もいるので、自分をハム子とは言いたくなかったんだと思います。かっこいいリングネームではないし。だからこそ、『ハム子』でやるには相当の勇気がないと出来ないんです。いまはその名前で頑張っていますけど。
女子プロ 衣装デザインは、誰がやっているんですか。
さくら 基本的に本人がやっていて、他の人と、色やデザインがかぶらないように調整しています。衣装屋さんと相談して...。今はラインストーンを付けたり、すごく自由がききますね。
女子プロ レスラーのマイクパフォーマンスや、レスラー同士の対立の構図とかも、設定はさくらさんが決めるんですか。
さくら いや、やはり、本人の中にあるものを、本人がやってるだけですね。本当はもっとキャラクター付けをしたほうがいいんでしょうけど、やっぱり、女の子は言うことを聞かないんですよ(笑)。
でも人気が出なかったら何の意見も通らなくなってしまうので、自分の持ってるもので、どう表現出来るか考えてもらうんです。
女子プロ リングをセッティングするところまではやるけど、それ以上はコントロール出来ない、ということですか。
さくら 逆に私の想像以上のことが起こらないと、面白くないんですよね。
女子プロ さくらさんは自身は、他の人にキャラをつけられたことってあるんですか。
さくら イベントでやったことはあります。鉄拳さんとコラボした時は、鉄拳さんと同じメイクをしたり(笑)。
でも私は、海に放り込まれて『泳げるなら泳ぎなさい』という感じでプロレスをやってきたので、キャラを作ってもらったことは、ないですね。
逆に今は、ベテランになると、キャラが変化出来ないんです。身長も伸びないし、技がどんどん増えるわけでもないので。でも周囲が変わってくれることによって、自分も変われるんです。だから今の私は、周囲に変化を及ぼすように促している感じですね。
柔らかな、優しい話し方をされるさくらさん。でも言っている内容は、かなりシビア!?

柔らかな、優しい話し方をされるさくらさん。でも言っている内容は、かなりシビア!?

女子プロ キャラクターの変化ではないですけど、去年、さくらさんがやった『髪切りマッチ』が衝撃でした。負けたら丸坊主にするという試合で。
さくら 自分が一番仲良くしてるレスラーとの試合だったんですけど、人気のカードにするために、とにかく満員にするために、人を惹き付けるために考えた設定だったんです。それで負けて。自分では髪を剃っても平気だと思っていたんですけど、平気じゃなかったんです。空調が頭に直にきて『風を感じた』んですよね。全然ロマンティックな意味合いじゃなく、現実的に頭に風が(笑)。 坊主にしたら、物販の私のポートレート写真が、全く売れなくなってしまって(笑)。『何かを手に入れたら、何かを失うなあ』と痛感しましたね。
BackNumber
おしパイ#11 鈴木砂羽センパイ
おしパイ#11 鈴木砂羽センパイ
「誰かに挑戦してるんじゃない、自分に挑戦しているんです。」
おしパイ#10 中村うさぎセンパイ
おしパイ#10 中村うさぎセンパイ
「誰かを頼ったり、救ったりしながら生きてもいい。」
おしパイ#9 まつゆう*センパイ
おしパイ#9 まつゆう*センパイ
「私は自分のことアクティブ・ニートだと思っています。」
おしパイ#8 本谷有希子センパイ
おしパイ#8 本谷有希子センパイ
「私にしか書けないものがあるかもしれない、私にしか書けないから書くっていうのがモチベーションです。」
おしパイ#7 喪服ちゃんセンパイ
おしパイ#7 喪服ちゃんセンパイ
「一生、社長的なことしか出来ないと思います。」
会ってみたい"おしパイ"のみなさま
椎名林檎 様、西原理恵子 様、平野レミ 様、よしもとばなな 様、加護亜依 様、ソニアパーク 様、滝川クリステル 様、永作博美 様、安野モヨコ 様、藤田志穂 様、一条ゆかり 様、中川翔子 様、山本モナ 様、桃井かおり 様、永谷亜矢子 様、Perfume 様、梨花 様、UA 様、YUKI 様、原田郁子 様、千葉麗子 様、瀬戸内寂聴 様、広末涼子 様、リアディゾン 様、YOU 様、益田ミリ 様、宮沢りえ 様、津森千里 様、大竹しのぶ 様、宮崎あおい 様、山田詠美 様、友近 様、狐野芙実子 様、IKKO 様、安藤優子 様、チャットモンチー 様、清水ミチコ 様、大宮エリー 様、沢尻エリカ 様、梅佳代 様、黒柳徹子 様、神田うの 様、金原ひとみ 様、綿矢りさ 様、ギャル曽根 様、菅野よう子 様、瀧波ユカリ 様、いくえみ綾 様、野沢雅子 様、桃井はるこ 様、フグ田サザエ 様、初音ミク 様、浜田ブリトニー 様、アンジェリーナジョリー 様、マドンナ 様、レディーガガ 様、女子寿司職人の方(順不同です☆)
インタビュー受けてもいいよ!というセンパイからの奇跡のご連絡をお待ちしております。

やってる人

イベリコ

新月生まれの牡羊座。中目黒在住。美容関連のライターを経て、広告会社に転職。現在修行中。ニット帽を愛用していたらドングリと呼ばれ、転じて「イベリコ」と…

テツコ

二重人格のAB型。乙女座。デザイナー。眼鏡のせいで一見しっかり者に間違われるが、めんどうくさがりで優柔不断で要領が悪い。体が丈夫なのと酒に強いことが自…

ネコムス目

大きな目がキョロキョロ。神出鬼没の関西生まれの東京女子っす。妖怪のくせに、ラテンな性格。趣味はライブに行くこと。あぁ、毎日がフジロックだったらいい…

大塚幸代(ライター)

デイリーポータルZ」「地球のココロ」で連載中です。
個人サイト「日々の凧あげ通信

小峰千佳(編集)

ファミレスとタクシー、この2つがあれば私の東京の夜は安泰。最近はバーでの1人飲みを覚えてしまったせいかハードボイルド傾向。お仕事はアウトローから正統派までさまざま。

"おしパイ" 進捗情報はブログ「東京女子風呂」で

mixi コミュニティやってます。