おしえて、センパイ! 女優  鈴木砂羽センパイ

1 2  3

3役を超えたところに、役者の生き方がにじみ出るんだと思います

女子プロ 「女優」というお仕事をされてると、出会いは広がりますか。
砂羽 そうですね。この仕事の素晴らしいところは、いろんな人と出会えることでもありますね。監督さん、俳優さん、スタッフさんはもちろん、自分が知らない分野のお仕事の人とか。交流関係の広い方と知り合うと、さらに広がるので、会いたい人に逢えたりとか...、そういう刺激はあります。
女子プロ 砂羽さん自身は、交友関係は幅広いんですか。
砂羽 そうでもないんですけど、この世界に16、7年もいるから、テレビ見てると、あの人も知り合い、この人も知り合い、っていうのはありますね(笑)。テレビ見て、ナントカちゃん頑張ってるなあ、元気かなあと思って、メールしてみたりして。
女子プロ 若くしてデビューされて、グラデーション的に年相応の役も経験されてきて、良かったなあと思うことってありますか。
砂羽 良かったと思うことは、その役ごとに毎回ありますよ。ひとつとして同じ現場はないですから。人も土地も出会いも、変わっていくので。自分にとって知らなかった部分を、埋めてくれる出会いもあるし、気付かされる部分もあるし、100通りあったら100通りの役になりますから。
女子プロ やりにくい役って、ありましたか。
砂羽 あったかなあ。やりにくい役は...そんなにないと思います。
知識が必要な役は、それなりに勉強しないといけないですけどね、病院の先生とかね。でも役だと思うと、不思議と知識が入ってくるんですよね。
逆に、自分の理想としている女性像と逆の、女として許せないなコイツ、っていう役をやる時に、さてどうしよう、って思う時はありますね。
憎たらしいところを演じつつ、役者としては、そこに深みを加えなければいけないので...。こんな憎たらしい人でも、悲しみや苦しみを抱えているんだっていうところを、視聴者に見てもらいたいと思うんです。でも、そういうのを考えられる時間が貰えればいいけど、たいてい、あんまり与えられないんだよね。ただの悪役で終わってしまうことも多くて。でも、いつもそういうことは意識しながら演じてます。
その役者さんが好きか嫌いかって、そこだと思うんです。役を超えたところに、役者さんの考え方や生き方がにじみ出るんだと思います。たとえ悪役をやっても、それだけに見えなかったり。
私らしさ...って、何なのかまだ分からないけど、いつも役を考える時は、その先の人間性のことを考えてます。もういっこ、向こう側に行きたいなあと思ってますね。
「悪役を演じる時は、役者として、そこに深みを加えたいんです。こんな憎たらしい人でも、悲しみや苦しみを抱えているんだ、って。」

「悪役を演じる時は、役者として、そこに深みを加えたいんです。こんな憎たらしい人でも、悲しみや苦しみを抱えているんだ、って。」

女子プロ 砂羽さんは、たくさん映画に出て、本当に多種多様な役をやってらっしゃいますよね。
砂羽 今日は何者になるのか、いつも考えながら家を出るんです。今日は主婦、今日は弁護士、とかね。
女子プロ 朝と夜で、違う撮影が入ることとか、あるんですか。
砂羽 そういう時も、たまーにありますね。でも、その人物になることに、苦労はないのね。たんに頭の切り替えが大変で、疲れちゃって。今日は電池切れだから帰りたいな〜とか(笑)、思っちゃうことはありますね。
女子プロ 役柄をこなしている時、素の自分は、心のどこに仕舞っているんですか。
砂羽 素を隠してはいないです、私が演じてるわけだから、ベースは私。ドラマの『相棒』(テレビ朝日系)の美和子(ジャーナリスト役)みたいに、長いことやってる役だと、『美和子さんて砂羽さんみたい!』『砂羽さんって美和子さんみたい!』って言われることがあるけど、もう10年もやってるんだから、しょうがないですよ(笑)。自分の気持ちが反映されてしまうことがあるから、それを役作りだとか、今さら言いたくないんだけど(笑)。自分の役になったってことなんでしょうね。

4役のせいで女っぽいと思われるけど、全然普通なんです

女子プロ 今回主演された『お前の母ちゃんBitch!』ですが、監督の内田春菊さんと、意気投合されたそうですね。どのへんが、フィーリングが合った部分なんでしょうか。
砂羽 春菊さんも私もクリエーターで。女の質は違うんですけど、主張がある女という部分が、一緒なのかなって思うんです。
私がいつも、役の先に自分を見ているように、春菊さんにもパーソナリティがあって、作品には春菊さんがいるし、反映されているので、そこが共通点かなと思いますね。
女子プロ 春菊さんとは、いつからお知り合いなんですか。
砂羽 『昭和歌謡大全集』っていう映画です。私はもとから春菊さんのマンガのファンだったんで。
女子プロ 砂羽さんも『いよぉ! ボンちゃん!!』っていうエッセイマンガ連載の経験がありますよね。肉体を使った表現と、紙の上での表現って、どう違いますか。
砂羽 当時、何故マンガを書きはじめたかっていうとね、なんかね、役のせいで、イメージ的に女っぽいとかセクシーとかすごく言われて、ちょっと鬱陶しくなっちゃったんです(笑)。
本当はもうちょっとグチャグチャだし、すごいナマケモノだし、銭湯も行くし。庶民派をアピールするわけじゃないけど、本当に普通の生活をしている、どこにでもいる人間なんです。
ただ面白いことを見つけるのは好きで、好奇心が旺盛で、いろんなことに手を出しては失敗するし。そういうことを、マンガにしたらどうかなあって、思ったの。
それからボンちゃんっていうキャラクターを生み出して、ボンちゃん=私にして、紙の上で自分を歩かせてみたんですよ。今日はこんな体験をしました、こんなことを思っちゃった、とか。 描きたいと思った時に、春菊さんに相談して、「いいんじゃない」って言われて。他のマンガ家の先生にも描き方教えてもらったりして、楽しくなっちゃって。
ご縁があって、集英社の『ヤングユー』で、3ページ連載を3年間、持たせて頂いたんです。
こんな私の落書きを、他のプロのマンガ家の先生に混じって、大手出版社の雑誌に載っけてもらっていいのかなって、申し訳なかったんですけど。でもいい勉強になりました。
女子プロ 描くことで、女優業との精神的なバランスがとれるようになりましたか。
砂羽 そうですね。でも本業のほうが忙しくなってくると、本当に大変で。他の役者の人に手伝ってもらったりとかしましたよ。こことここ塗って! とか(笑)。
もう描かないんですかって訊かれることあるけど、ちょっと考えちゃう。
BackNumber
おしパイ#11 鈴木砂羽センパイ
おしパイ#11 鈴木砂羽センパイ
「誰かに挑戦してるんじゃない、自分に挑戦しているんです。」
おしパイ#10 中村うさぎセンパイ
おしパイ#10 中村うさぎセンパイ
「誰かを頼ったり、救ったりしながら生きてもいい。」
おしパイ#9 まつゆう*センパイ
おしパイ#9 まつゆう*センパイ
「私は自分のことアクティブ・ニートだと思っています。」
おしパイ#8 本谷有希子センパイ
おしパイ#8 本谷有希子センパイ
「私にしか書けないものがあるかもしれない、私にしか書けないから書くっていうのがモチベーションです。」
おしパイ#7 喪服ちゃんセンパイ
おしパイ#7 喪服ちゃんセンパイ
「一生、社長的なことしか出来ないと思います。」
会ってみたい"おしパイ"のみなさま
椎名林檎 様、西原理恵子 様、平野レミ 様、よしもとばなな 様、加護亜依 様、ソニアパーク 様、滝川クリステル 様、永作博美 様、安野モヨコ 様、藤田志穂 様、一条ゆかり 様、中川翔子 様、山本モナ 様、桃井かおり 様、永谷亜矢子 様、Perfume 様、梨花 様、UA 様、YUKI 様、原田郁子 様、千葉麗子 様、瀬戸内寂聴 様、広末涼子 様、リアディゾン 様、YOU 様、益田ミリ 様、宮沢りえ 様、津森千里 様、大竹しのぶ 様、宮崎あおい 様、山田詠美 様、友近 様、狐野芙実子 様、IKKO 様、安藤優子 様、チャットモンチー 様、清水ミチコ 様、大宮エリー 様、沢尻エリカ 様、梅佳代 様、黒柳徹子 様、神田うの 様、金原ひとみ 様、綿矢りさ 様、ギャル曽根 様、菅野よう子 様、瀧波ユカリ 様、いくえみ綾 様、野沢雅子 様、桃井はるこ 様、フグ田サザエ 様、初音ミク 様、浜田ブリトニー 様、アンジェリーナジョリー 様、マドンナ 様、レディーガガ 様、女子寿司職人の方(順不同です☆)
インタビュー受けてもいいよ!というセンパイからの奇跡のご連絡をお待ちしております。

やってる人

イベリコ

新月生まれの牡羊座。中目黒在住。美容関連のライターを経て、広告会社に転職。現在修行中。ニット帽を愛用していたらドングリと呼ばれ、転じて「イベリコ」と…

テツコ

二重人格のAB型。乙女座。デザイナー。眼鏡のせいで一見しっかり者に間違われるが、めんどうくさがりで優柔不断で要領が悪い。体が丈夫なのと酒に強いことが自…

ネコムス目

大きな目がキョロキョロ。神出鬼没の関西生まれの東京女子っす。妖怪のくせに、ラテンな性格。趣味はライブに行くこと。あぁ、毎日がフジロックだったらいい…

大塚幸代(ライター)

デイリーポータルZ」「地球のココロ」で連載中です。
個人サイト「日々の凧あげ通信

小峰千佳(編集)

ファミレスとタクシー、この2つがあれば私の東京の夜は安泰。最近はバーでの1人飲みを覚えてしまったせいかハードボイルド傾向。お仕事はアウトローから正統派までさまざま。

"おしパイ" 進捗情報はブログ「東京女子風呂」で

mixi コミュニティやってます。