ギャップ研究所

普段と違う一面=ギャップを見ると、ドキッとしませんか?ギャップを味方につければ、愛される女子となれるはず!そう信じて、ギャップを研究してみます。

Before × After

とりでたくみさん篇

今回のターゲット

とりでたくみさん

「俺が嫁」というコンセプトで自己プロデュースし、女子ファッションを着こなすアーティスト的存在。アキバ・サブカル系界隈で人気急上昇中の箱MOGRAのレギュラーDJイベントにレジデント出演等、「男の娘(おとこのこ)」DJとして活動中。
ブログ:俺が嫁
出演イベント:PURE IBIZA

Q1.今日の変身で、一番気に入った和装ポイントは?

とにかく、小物がかわいくて驚きました。襟や帯上げがレースだし、帯締めもキラキラしたビーズだし!僕、中身は完璧な男なんですけど(笑)、こういう「かわいいもの」が大好きで、「女装」を始めたようなところがあるんです。好みは、森ガールですよ(笑)。あと、きものの「柄」もかわいいですよね。テキスタイルも好きなので、興味津々です。

Q2.いつもの女装と、今日の「きもの」での女装では、何か発見がありましたか?

実は僕、きものが大好きなんですよ。ずっと憧れだったので、今日、プロの方に着せてもらって本当に感激です。着てみて思ったんですけど、きものって、女性らしさの究極のカタチですよね。肩や腰のラインって女性の美しさが出るポイントだと思うんですが、きものは、そこを美しく見せる。すごく勉強になりました。

Q3. 女装って、「究極のギャップ」だと思いますが、「普段の自分」と、「女装した自分」の違いは何ですか?

僕は、芸能界がアイドルをプロデュースするように、自分自身をプロデュースしている感覚なんです。人物像としては、普段の自分が相当Sなので(笑)、女装した自分は「Mなコ」をテーマにしてます。S目線で、Mのキャラをつくるので、本格的だと思いますよ(笑)。

Q4.どんな女性が理想ですか?

1人の男としての女性の好みは、もちっと、ぽちゃっとしたコ。自分で女装するイメージの女のコとは、ちょっと違うんです。女性って、骨組みも肌も、やわらかいじゃないですか。そこが、いい。いくら完璧に女装しても、その「やわらかさ」だけは、再現できないんですよね。

Q5.女性のギャップに、ドキッとしたことありますか?

あります、あります。デートの日に、がんばってメイクしてきた顔が、すっぴんになった瞬間とか。自分でもメイクするから分かるんですけど、女の子って、いろいろ準備が大変じゃないですか。だから、僕のためにがんばってくれたんだろうなあ・・っていうのが分かると嬉しいし、それが素顔になった瞬間もかわいい。僕、すっぴんマニアですしね。

Q6. きもの姿の女性って、どう思いますか?

彼女に買って着せたことがあるくらい、好きです(笑)。洋服とのギャップには、やっぱり男はぐっときますよね。メイクもそうですけど、きものも準備や着るのが大変じゃないですか。それなのにがんばって着ている女の子を想像すると、愛おしいです。

Q7.女子力を上げるために、私たちにアドバイスありますか?

女の子って、何でも着れるじゃないですか。スカートも、ボーイッシュなスタイルも、何でも選べる。当たり前に思ってるかもしれないけど、すごいことじゃないですか?羨ましいです。だから臆病にならずに、どんなファッションも挑戦して楽しんじゃえばいいのに!って思いますよ。せっかく女の子に生まれたんだから!特にきものは、日本人なら着ないともったいない!って思いますね。

※今回は特別企画であり、通常ハクビさんでは男性へ女性用着物を着付けてはおりません。

撮影:植村写真館

今回の和ギャップポイント

レース×和のマジックで、
ガーリーを極限に引き出す!

襟元と帯上げ、そしてヘアアクセサリーに、今回のスタイルのシンボルとなる「レース」をコーディネート。しとやかな和装に、ガーリーな甘さをプラスすることで、ふわふわのお菓子のようなやわらかい印象に。クールな少年っぽさをもつ普段のとりでさんから、森ガールもびっくりのスイートな女子に大変身。普段ボーイッシュな女子は、このギャップを真似してみてくださいね☆

今回の研究成果

一.もちっと、ぽちゃっとしてるところが、女子のモテポイントだったりする。

一.メイク→すっぴん。普段着→きもの。この王道ギャップには、男は弱い。

一.恥ずかしがらずに、何でも着てみる。その心意気が、モテギャップを生み出す。

「ギャップ研究所・和ギャップ研究班」は、ハクビ総合学院の雑誌「kiino」とのコラボ企画です

kiino

ハクビ総合学院

みんなきもの女子になろー!ハクビさんでは手ぶらで参加OKの着付け無料体験を実施中!(女性限定)

着付け無料体験はこちら

Back Number

和ギャップ研究所とは

きもののプロ、ハクビさんの雑誌とのコラボで、「和ギャップ美人」をプロデュースし、お見合い写真を撮ってみようというこの企画。きものは、現代女子にとって、普段の自分とのギャップを演出する最強のアイテム!ここでは、和装で変身する女子と、そのギャップについて研究します。

和ギャップ仕掛人

  • 着付師範
    遠藤三枝子さん

    ハクビ京都きもの学院 立川校、新宿校の校長を経て、現在では着付師の育成を始め、雑誌やテレビ番組での着付けなどで活躍中!

  • 着付アシスタント
    百瀬佳喜子さん

    ハクビ京都きもの学院の着付け講座最高課程を卒業し、現在は着付師として成人式や卒業袴で活躍中!元美容師ということもあり、着付けとヘアと両方の技術を兼ね備えている。帯結びコンテストでは初の殿堂入りを果たしています。

  • ヘアメイク
    双木昭夫さん

    (クララシステム主宰)

    お人形メイクを武器に、ファション誌やタレント、アイドルなどのフィールドで活躍中
    HP:http://web.mac.com/kurarasystem1

  • きものきようマガジン
    kinoチーム

女子プロ和ギャップ研究員